Risa Taniguchi
meets DrumBrute Impact

Risa Taniguchi
meets DrumBrute Impact

Risa Taniguchi is one of Japan’s most exciting new electronic music producers. She recently added our fiery DrumBrute Impact to her creative setup, so we got in touch to find out how she’s using it.

"Around the time when I started DJing, the club scene in Tokyo was deeply connected with its fashion scene. One of my friends brought me to a club one day, and that was when I felt a real connection with electronic music for the first time. Before that, I had been obsessed in the classical music world. The electronic music act I fell in love with was Chemical Brothers."

"Since I was a child, I’ve been playing classical piano, and was also taught to play the violin and trombone in school. I’m not sure about what the modern music education is like now, but looking back when I was there, my music class was pretty much about singing and performing together, so electronic music was something very new to me."

"DrumBrute Impact is such a great instrument to use in electronic and techno music."

"I usually go with the flow with DrumBrute Impact, and enjoy jamming to get a big picture of the drum programming for my entire song. I also sometimes record single drum hits to my computer and use it as a one-shot sample."

"I generally start a song either with recording a vocal sample or sequencing drums."

"I believe the power behind the DrumBrute Impact is its sound quality."

"For me, it’s more about the way it sounds rather than its sequencer or other functions."

"Playing at SXSW in the USA was one of the most precious memories in my DJ life so far. It was amazing to see how people reacted very directly, following my set, and when it reached a boiling point, they went crazy. The following US tour was also amazing, I really liked playing at Bossa Nova Civic Club in Brooklyn, especially."

"For the year ahead, I’m planning to really define my sound, and ask myself “what is my music”, rather than try a variety of sounds. Also, 2018 was pretty much about creating my music, so in 2019 I’d like to perform more often and hopefully play at many venues in countries all over the world. When I do, DrumBrute Impact will definitely be a part of that."

Risa Taniguchi
meets DrumBrute Impact

新世代のエレクトロ・ミュージックを担う、最も勢いのある日本人プロデューサーであるRisa Taniguchiに、その生い立ちやキャリアについて話を聞かせてもらった。

"私がDJを始めた頃、東京のクラブシーンはファッションシーンと密接な関わりがあったんです。それまでずっとクラシック音楽をやっていたので、友達に連れられて初めてクラブに行ったのが、エレクトロニック・ミュージックと出会ったきっかけですね。当時一番のお気に入りだったのは、Chemical Brothersでした。"

"小さな頃からクラシックピアノを習っていました。学校の部活でトロンボーンやバイオリンも演奏していたときもありましたね。今はどうかわからないですけど、当時の音楽の授業は合唱や合奏ばかりしていた記憶があります。"

"DJをすでにやっていたので、自分のDJでかけるトラックを自分で作りたい、と思うのはごく自然な流れでした。当時、周りには自分で音楽を作っているDJ友達が沢山いたので、彼らから楽曲制作について沢山のことを教わりましたね。"

"DrumBrute Impactは、テクノをはじめとしてエレクトロニック・ミュージックを作る上で素晴らしい楽器だと思います。"

"大抵の場合、思いつくままにDrumBrute Impactでドラムパートを演奏してみて、楽曲の全体図を構成してみます。単体のパートを録音してコンピュータに取り込んで、ワンショットのサンプルとして使うこともありますね。"

"SXSWでのDJは、DJキャリアの中でもとても印象に残っている体験でした。オーディエンスのみんながすごくダイレクトで、選曲によってはっきりと反応を示してくれるので、ミックスのピークタイムに大暴れしてくれたのを見てとても興奮しました。SXSWの後に続いたUSツアーも素晴らしいもので、特にニューヨークのBossa Nova Civic Clubでのプレイは最高に楽しむことができました。"

"多くの場合、ボーカルサンプルをレコーディングするか、ドラムを組むことから制作を始めます。"

"DrumBrute Impactの強みは、間違いなくその音の良さにあると思います。"

"私にとっては、機能性よりもサウンド自体が重要だと思っています。"

"2019年は、色んな音楽を模索するというよりも、「何が私の音楽なのか」ということにフォーカスしていきたいです。あと、2018年は制作しっぱなしだったので今年は世界中の色んな場所でDJです。制作面では、確実にDrumBrute Impactにまたお世話になると思います。"